マビノギズム
マビノギマリー鯖で生える植物の話。 目下チャンネルは不特定出没中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放置

してました白玉椿です。
本当にごめんなさい_/ ̄|○

大学始まるし4月7日の華道展もあるしでわたわたしてたらON率も激減してネタがなくなってました。

そして現在もネタは華道しかありません。
のでとりあえず4月7日の生け込みの報告を

1時に会場に到着
ついて他の先生や社中の人と挨拶
その後、華材を受け取りいけこみへ。
が、華材を見て私の教師が一言
「やばいのきたかも」



華材はギガンチウム3本・シンピジウム3本とモンソシア5葉でした。
さすがに初傳でしかも男ということもあり、華は派手め。
隣の人は中傳でしたが、おそろしい華材にあたってました。
まぁ、それはさておき材料を確認ののち大体のイメージを教範の人に聞いて生け込み開始。

そこでさっきの言葉を実感することに
ギガンチウムの華
検索すると葱の花のような花がひっかかります。
通称紫ネギボウズ
それはいいんですが、この華やたら茎が柔らかくて、剣山にさしても自分の重さで傾いた挙句茎が裂けるという・・・・・・
なんとか短めにするのと切り口そのものをある程度傾けることでこれは回避
次はシンピジウム
これは華が多い、大きい、茎細いというトリプルアタック
いける→倒れる→巻き添えでギガンチウムも倒れる→最初にもどる
をしばし繰り返した後、さすがにきりがないのでシンピジウムは根元をいらない枝をもらってきて縛って固定しました。
残るは根〆のモンソシア
自分としては蓮とか蕗っぽい葉だったのでそういうイメージで生けたのですが、教範の人からべたっと生けずにもっと立体感をつけるよう注意を受けました(´・ω・`)

そんなこんなで自分のものは約2時間で終了しました。
終わったあとで結局大半教範の人に注意されっぱだったことを思い出し、来年はもっとしっかりせねばと留意したのはまた別として
他の先生方の生け方や花器の選び方などいろいろ勉強させていただきました。

とりあえず生けこみはここまでで
華道展についてはまた後日
スポンサーサイト

プロフィール

白玉椿

Author:白玉椿
大学に通いつつマビる日々
目下マリー鯖奇数鯖に生えてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。